老いの認識 其の拾

『老いの認識』一覧

子どもの頃はケガをしても、すり傷程度であれば唾を付けておけば治るなどと言われ、切り傷などしても赤チンを塗って終わりでした。

余程のことがない限り病院には行きませんでしたし、数日すれば綺麗に治ったものです

ところが、この歳になると治りませんね、傷が

すり傷どころか、自分でちょっと引っかいた程度の傷でも治りゃしません。

おまけに跡が残りますし

もう何カ月も前の傷もいまだに跡が残ってますもん。

あの若き日の治癒力はどこにいってしまったのでしょうか

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。