グレード


グレード(Grade)

妻の子宮体がんのステージ(病期)が IIIc だったことは以前に書いていますが、その他にもグレード (Grade) というものがあり、それは三段階に分かれているそうです。

Grade 1
(G1(高分化腺癌))
充実性増殖の占める割合が腺癌成分の5%以下であるもの。 腺は増殖しながら腺構造は保たれており、核分裂像は少ない。
Grade 2
(G2(中分化腺癌))
充実性増殖の占める割合が腺癌成分の6~50%のもの。 あるいは充実性増殖の割合が5%以下でも細胞異型の著しく強いもの。 腺構造に乱れが生じ、中には腺腔が明らかでない増殖が混在する。
Grade 3
(G3(低分化腺癌))
充実性増殖の占める割合が腺癌成分の50%を超えるもの。 あるいは充実性増殖の割合が6~50%でも細胞異型の著しく強いもの。 腺腔構造がほとんど消失し、核分裂像が多くなる。

妻の場合はグレード1で、癌の中でも大人しい奴だったらしく。

これがグレード3みたいな暴れん坊だと、なかなか退治するのが厄介なのだと教えられました。

医師に
「グレードが1で良かったですね」
と言われましたし、
「もうちょっと早く来てたら手術だけで済んだのにね」
とも あははっ

深く反省しているのか、
「はい」
と、やけにしおらしくお返事する妻です うしし

とにかく完治して治療が終わり、経過観察に入ることになりました。

(共に闘う夫)


最新のステージ(病期)別生存率

・・・。

肩の力が抜けた。

先ほどとは違う意味で妻の涙が止まらない。

今は 2008年、ネットで調べることができた 5年生存率は 1996年のものなので 10年以上も前のデータだ。

あくまでも冷静かつ穏やかに医師が手書きで図を書きながら説明しくれた。

妻も書いている確率は医師の説明によると完治率ということだ。

I期 完治率 98%
II期 完治率 85%
III期 完治率 80%
IV期 ?(説明受けず)

□□□ 追記 □□□
その後、グレードが関係していることが判明。

完治率 え? 5年生存率じゃないのか ?

妻のステージ(病期)は IIIc、完治率は 80%ということになる。

残りの 20%が何かと言えば、今後 5年間で転移したり再発したりする確率なのだそうだ。

たとえ転移や再発をしてしまう 20%に含まれてしまったとしても、抗がん剤治療、放射線治療、摘出手術などの治療を続ければ良いと言う。

結論を急ぐと、現代医学の技術をもってすれば子宮体がんで死に至るケースは極めて少ないのだそうだ。

聞かされたのは以前のような 5年生存率、一般に言われる 5年間は生きていられる確率ではなく、癌が治る確率だ !

希望と力が体内の奥底から湧き上がって来るのを実感できる 泣き笑い

(共に闘う夫の携帯電話)