通院悲喜こもごも 八話目

通院悲喜こもごも

採血をする際、間違いがないように名前と生年月日を聞かれますよね。

ある日の通院で採血のため処置室に入ると高齢のお婆さんが座っており、看護師さんから
「お名前を教えてください」
と聞かれていました。

ところが、看護師さんが何度聞いても
「ヒロくんのお婆ちゃんですよ」
と答えます

「そうじゃなくて、あなたの名前は
「ヒロくんのお婆ちゃんですよ」
・・・

今度はゆっくり、はっきりと看護師さんが
「お・な・ま・え・は
と聞くと、負けじと
「ヒ・ロ・く・ん・の・・・」
と、ゆっくり、はっきり言い返すお婆ちゃんです

「ヒロくんってだれ
との問いかけには、何という質問をするのかとでも言いたげに
「アヤちゃんの子供でしょうがっ
と言っておりました。

周りは『もうヒロくんのお婆ちゃんで良いではないか』というムードが支配的になり、看護師さんも諦めて
「はい、ヒロくんのお婆ちゃん、採血しますねー」
と言うとニコニコしながら腕まくりをする婆ちゃん。

なんとも穏やかで、優しい空気が院内に流れた瞬間でした

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。