DC療法

昨日、先生の前で泣いてしまったので、今朝の回診で「元気になりましたか?」と言われてしまった 焦り

午前中、担当の看護師さんから化学療法の説明を受ける。

私が受けるのは、ドセタキセル(タキソテール)+カルボプラチンという薬で、この組み合わせが「DC 療法」と言うらしい。

副作用は、吐き気(吐く場合もある)、食欲不振、便秘または下痢、手足のしびれや関節痛、そして脱毛。

抗がん剤で髪の毛が抜けない場合もあるらしいが、昨日の説明ではっきりと「抜けます!」と言われた。

入院中に、抗がん剤治療を受けている人を見ていたし、知り合いになった人いるが、まさか自分もそうなるとは 涙

看護師さんに、
「病棟には沢山抗がん剤の人いるでしょ。
 大丈夫だからね。みんな頑張ってるし、頑張ろうね。」
と言ってくれた。

また泣いてしまった 号泣

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。