それぞれの本心


施設に入るということは母が自分から言い出したことなんですけど 

それは本心なのでしょうか 

本当は私達と一緒に暮らしたいと思っているのではないのでしょうか 

叔母は
「お前の世話にはならない」
と言っていますが、それは本心でしょうか 

本当は同じ街で暮らしても良いと思っているのではないでしょうか 

そして私は、母を施設に入れることを本当に望んでいるのでしょうか 

この街を出て故郷に帰り、一緒に暮らすことを考えなかった訳ではありません。

施設を見学した際、みんなで食事をする場所に入居されている方々が集まって談笑されていましたが、見かけは母よりはるかに老けておられるように見え・・・ 

そういう場所に母を入れようとしているのだと思うと少々切ない気持ちになったのも本心でして。

色々と考えないではありませんが、母とは生活パターンが違いすぎるため、どう考えても、逆立ちして考えても、座禅を組んで考えても、全速力で走りながら考えても、バンジージャンプしながら考えても一緒に暮らすのは無理だと思われ。

結局は考えるのが面倒になり、施設に入れるしかないという結論になったりしているのも、それはそれで本心だったりします 

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。