母の術後半年


母の横行結腸がんの手術から半年が経過ました。

妻も書いていますが、月曜日に血液検査、CT、感染症検査を受けて来たんですけど

まあ、ご心配には及びません

手術の後、抗癌剤治療は受けないと消極的な選択をしたので少し心配していたんですけどね。

血液検査では貧血もますます改善し、腫瘍マーカーもネガティブ、その他コレステロールなどにしても年齢の割には正常値が多いと医師から太鼓判をいただきました。

CTを見ても一般的に転移の警戒が必要な肺、肝臓に怪しい影はなく、内臓もキレイなのだそうです。

輸血による感染症もありませんでしたし、今日のところは全く問題なしということでして。

付き添っていただいた施設の看護師さんの話では、杖なしで歩けるようになった母は最近では外に出て散歩までしているだとか

「どんどん元気になっていくねぇ」
と看護師さんに言われて母は嬉しそうにしていましたが、老々介護まっしぐらな将来が頭に浮かび、
「あはあは
と、力なく笑うしかない私だったのでした

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。