楽しかった


昨日は、午後からのバスで温泉に向かい、ホテルの部屋についたら早速ケーキタイム ちゅっ

今回の4人の中で一番年長者の方が、「みんなにケーキをご馳走してあげるからね。」と持参してきてくれ、美味しく頂いた。

そのあとはホテル近くを散策して、お土産を売っているお店をのぞいたりしながら、夕食までの時間を過ごした。

夕食はバイキング。

それぞれ好きなものを好きなだけ、お腹いっぱい食べた。

お腹がちょっと落ち着いてから、大浴場へ向う。

私は目が悪く、お風呂に入る時はメガネをはずしているので、子宮頸がんの患者仲間が、「はい、ここは段差があるよ。」「そこは一段高いからね。」と露天風呂まで、声をかけてくれて連れていってくれた。

足元を見ながらトボトボ付いて行く私は、まるでおばあちゃん 滝汗

温泉にゆっくり入り、たっぷりの汗をかいて、体がポカポカになって部屋に戻る。

あとは寝るまでおしゃべりタイム。

私は寝付きがよくて、しかもイビキをかく たらり

今朝、みんなの話を聞くと、あまりよく眠れなかったらしい …

やっぱりイビキをかいたかなぁ 焦り

今日も朝風呂に入ってから、朝食を摂り、身支度を整えてロビーへ降りる。

1階のお土産品を売っているところで買い物をして、もうチェックアウトの時間。

みんなは送迎バスに乗り、私は別方向なので路線バスに乗り駅へ向う。

同じ部屋でご飯を食べて、枕を並べて寝る、それは治療をしていた頃、病室で過ごすのと一緒。

でも、この小旅行は誰も副作用で苦しんでいないし、食欲もあって元気にご飯を食べて、楽しくおしゃべりをして過ごした。

治療が終わって良かった、そうしみじみ思った 照れ

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。