私達夫婦は新型コロナウイルスのワクチン接種に関して積極派です。

「痛いのはイヤ」
などという理由で接種を拒否するのは論外、副反応が心配という人に対しても、
「全世界で何億っていう人が打っているのに何が心配なんだか」
と、ちょっと小馬鹿にしたりしておりまして

でもまあ、千分の一であれ、万分の一であれ、副反応が出るのは事実なので不安がない訳ではありませんが

それでも打てる時がくれば迷わず接種してもらおうと思っていましたよ。

しかし、順番が回ってくるのが遅くなり、年末とか来年とか言われても、それはそれで厳粛に受け止めるつもりでおりました。

超インドア派の私達は外食することが推奨されなくても、旅行することが制限されていても、ちっとも苦になっていないんですよ

このまま自粛生活が半年や一年続いたとしても大きなストレスはないんじゃないかと。

つまり、打つも良し、後でも良しという中途半端な感じだったんですよね。

きっとこういうのを軟派って言うんでしょう

で、そうこうしている間に妻にも、そして私にもワクチン接種券が届きました。

人に迷惑をかけないためにも早々にワクチン接種の予約をし、立派に務めを果たしたいと思います

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。