TC療法

前回まで薬を入れ始めると心臓がバクバクし一旦停止したり、副作用で指先が赤く痛くなり、やがて皮が剥けるということがあったので、抗がん剤の薬を変えてみると先生からお話があった。

今度は、パクリタキセル(タキソール)+カルボプラチンで「TC療法」というらしい。

先生や看護師さんの説明によると、似たような薬なので、副作用もほとんど同じらしい。

ただ、アルコールの弱い人は動悸が強くなり、関節痛や手足のしびれが強くなるかもしれないとのこと。

前回までは関節痛も手足のしびれも無かったので、どうなることやら・・・・。

9時半に点滴をスタートして4時前に終了!

吐き気止めの2本を終えて、タキソールを入れ始めると前回のような心臓バクバクが無かった。

アルコールが強いのか(?)昼食以外、ほとんど寝ていた。

後は、吐き気がどの程度か・・・・気になるところだ。

(携帯電話より)

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。