通院・発覚の記事

記事は古い順に表示しています。


初めての通院

不正出血は去年の年頭から、1年以上も続いていた。
でもまだ生理が終わっていないし(当時は44歳)、これは単なる生理不順と、ほっておいた。

しかし、こんなにも続くのはおかしい ん~
と、夫に連れられて、渋々産婦人科へ行った。

エコー検査で子宮内に血液が溜まっていると言われた。
子宮頸がん・子宮体がんのがん検査(粘膜)をしてきた。
がん検査で何でもなければ、ホルモン調整をすることになるらしい。

結果は1週間後。


妻を病院に連行

半年前にも数カ月前にも病院に行くように言った。

なんだかんだと理由をつけて、どうしても行きたがらない ん~

それでも今回は逃げ口上を許すわけにはいかない !

首に縄をつけるようにして病院まで連れて行く。

とりあえずは検査結果を待つだけだ。

(共に闘う夫)


今回の費用 - がん検査

内容 保険金額 保険外金額
初・再診料 2730
手術・輸血料 10240
検査料 20760
選定療養費等 1050
33730 1050
患者負担額a(30%) 10120
薬剤費用
患者負担額b(30%)
合計 10120 1050
総合計 11170

費用の累計金額 : 11170円


1年前に検診

去年の3月に、市で行われれている子宮頸がん検診を受けている。

結果はポリープがあるとのことだった。
ただし悪性ではないので、そのまま放置して大丈夫とのこと。

昨日 の診察で先生にそのことを話したので、エコーをしながら
「ついでにポリープを取ってしまいましょう。」
と言って処置をしていたら、
「あっ、途中でちぎれた・・・・。」

まぁ、悪性じゃないから、途中でちぎれてもいいんだけど あせり


泣きじゃくる妻

妻が病院から帰宅。

玄関に迎えに出ると、靴も脱がずに立ちすくんだまま、
「ごめんなさい。ごめんなさい。」
と何度も謝り、泣きじゃくっている。

悪い結果が出たのだろうと容易に想像ができ、目の前が暗くなる ガ~ン

謝ることはないのだが、早く病院に行かなかったことを詫びているらしい。

とにかく努めて冷静に検査結果の内容を聞くことにする。

(共に闘う夫)


疑いは濃厚

今日は二度目の通院。
先週の検査の結果を聞いてきた。

子宮頸がんは異常なし。
子宮体がんは・・・・5段階の4。
(1・2は異常なし、3は疑いあり、4・5は可能性あり)

前回のエコーで血液が溜まっているようだと言っていたのに、今日は血液ではなく、影があると言う。
卵巣も少し腫れているらしい。

組織を取って詳しい検査をすることになった。
→ 出血するので化膿止めの薬を出された。

今日はさらに、採血して血液検査。
MRIの予約を7/28に入れてもらう。
MRIは機械はあるが診断は外注するので、結果がでるまで2週間かかる。

組織検査、血液検査、MRI、すべての結果が揃うのは8/7。

子宮体がんは、手術で取るしかないらしい。
ここの病院は手術は出来ないそうだ。

入院も手術もしたことがないし、大変なことになった ショック
というか、”がん”だから治らなければ死んでしまうのだ 涙


地蔵尊

近所の寺で開催している地蔵尊に行く。

普段から出不精で積極的に祭りなど行きたがらない妻なのに今日は自分から行きたいと言ってきた …

子宮体がんの疑いが濃厚になったりしたので気分転換したいのだろう。

(共に闘う夫)


今回の費用 - 血液検査・他

内容 保険金額 保険外金額
初・再診料 700
検査料 23420
処方箋料・その他 680
24800
患者負担額a(30%) 7440
薬剤費用 1560
1560
患者負担額b(30%) 470
合計 7910
総合計 7910

費用の累計金額 : 18610円


濃厚というより確実

昨日から色々と考えているが、濃厚ではなく、確実なんだろう しょんぼり

あ~、やっぱり早くに病院へ行くべきだった。

あとは、どの程度なのかということだ。

出血以外に自覚症状はないし、今は全然元気だ。

それなのに、急に”がん”だと言われても・・・・。


細胞診検査結果

妻の細胞診検査結果は 5段階のうちの 4段階目だったという。

検査結果の見方をネットで調べると以下のような情報が。

「頚がん検診」は 5段階法もしくは 3段階法で、「体がん検診」は 5段階法で表される。
細胞診検査結果

頚がん検診(5段階法)

クラス I
クラス II
陰性(1年後に定期検査)
クラス IIIa
クラス IIIb
疑陽性(がんでないが、異型細胞がみられるので3ヶ月後に細胞診の再検査あるいは組織検査)
クラス IV
クラス V
陽性(がんである可能性が高く、診断を確定するために早急に精密検査として病理組織検査)

体がん検診(3段階法)

陰性 がんの疑いなし
疑陽性(子宮内膜増殖症)
陽性(子宮内膜がんの疑い)
精密検査が必要

妻は体がんの検査を受けたので 3段階法のはずであり、5段階のうちの 4段階目とはどういうことだろう ?

何だか良く分からないが、医者ではないので当たり前か。

(共に闘う夫)