経過観察の記事

記事は古い順に表示しています。


グレード(Grade)

妻の子宮体がんのステージ(病期)が IIIc だったことは以前に書いていますが、その他にもグレード (Grade) というものがあり、それは三段階に分かれているそうです。

Grade 1
(G1(高分化腺癌))
充実性増殖の占める割合が腺癌成分の5%以下であるもの。 腺は増殖しながら腺構造は保たれており、核分裂像は少ない。
Grade 2
(G2(中分化腺癌))
充実性増殖の占める割合が腺癌成分の6~50%のもの。 あるいは充実性増殖の割合が5%以下でも細胞異型の著しく強いもの。 腺構造に乱れが生じ、中には腺腔が明らかでない増殖が混在する。
Grade 3
(G3(低分化腺癌))
充実性増殖の占める割合が腺癌成分の50%を超えるもの。 あるいは充実性増殖の割合が6~50%でも細胞異型の著しく強いもの。 腺腔構造がほとんど消失し、核分裂像が多くなる。

妻の場合はグレード1で、癌の中でも大人しい奴だったらしく。

これがグレード3みたいな暴れん坊だと、なかなか退治するのが厄介なのだと教えられました。

医師に
「グレードが1で良かったですね」
と言われましたし、
「もうちょっと早く来てたら手術だけで済んだのにね」
とも あははっ

深く反省しているのか、
「はい」
と、やけにしおらしくお返事する妻です うしし

とにかく完治して治療が終わり、経過観察に入ることになりました。

(共に闘う夫)


正座は危険

術後に、先生から正座はしないようにと言われていたので、なるべくしないようにしていた。

もう6ヶ月にもなるし、昨日は法事があったので、お経の間30分ほど正座をしてたら、夜になって足全体がだるくなった 涙

薬を飲むにしても、だるいだけなので、鎮痛剤を飲むのも変だし、アレルギーでもないし、結局は飲まなかった。

手術をしてから半年になろうとしているが、まだ正座はしない方がいいようだ !


白血球の減少

抗がん剤の副作用として、白血球の数値が下がる。

白血球は身体に入ったばい菌を殺す働きがあるので、減少すると感染しやすくなる。

すごく下がってしまった時には、皮下注射(ノイトロジン注)を打ってもらった。

この注射を打つかどうかは白血球だけでなく好中球の数字も関係してくる。

目安として 白血球×好中球 ≦ 100000 

たとえば 白血球 2600、好中球  47.8 % の場合は、
2600 × 47.8 = 124280
100000 を超えるのでOKということになる。

こういう計算の仕方は、先生や看護師さんではなく、
患者さんから教えてもらった。

先輩患者さんたちには、色々と教えてもらってありがたかった。


腫瘍マーカー

手術と抗がん剤治療のために大学病院に入院してからは、CEA・CA125・CA19-9 の3つの腫瘍マーカーを検査してもらっている。

先生の話しによると、子宮体がんの場合、特に気をつけているのは CA125(参考値 1~35) のようだ。

最初に地元の病院で検査をしてもらった時は 24で基準の範囲内だったと聞いた。

しかし8月の手術後の数値は 58くらいあったそうだ。
その後は、プリントを貰っているので数字が残っている。
 
10/9 CEA 0.8   CA125 18.1   CA19-9  6.5
12/4 CEA 1.3   CA125 10.8   CA19-9  8.1
01/8 CEA 1.2   CA125 11.8   CA19-9  6.6
02/5 CEA 1.4   CA125 11.8   CA19-9  6.8

今のところ、どれも参考値の範囲内なので、問題はないらしい。

CA125は、35 までなら正常値らしいが、手術をしたような人の場合は 15 までなら大丈夫、それ以上となると怪しいと思った方がいいと言われた。

次の検査は4月。

ちなみに、3つの検査までなら保険の対象になるそうだ。


入院グッズ

今月まで毎月入院をしていたが、治療が終わったので、入院時に使っていたバッグを片付けなければいけない。

実は、洗濯物だけは洗ったが、毎月持ち込んでいたものはバッグに入ったまま 滝汗

せっかくなので片付けをしながら、いつも使っていたものを紹介してみようかと思っている。

意外に便利だったのが、洗濯バサミとS字フック。

バスタオルはベットの柵にかけていたので、大きい洗濯バサミで止めておくと、落ちなくて便利だった。

あとはテレビ台に付いているタオル掛けに、ハンドタオルを掛けていて、何度か落ちてしまったので、小さい洗濯バサミも持ち込むようにした。

そしてちょっとした袋をぶら下げるのに、S字フックもあると便利。

どれも小さなものなので、持って行って損はない ウィンク


買い物のお供

今朝、妻は
「さて、買い物に行こうかな~」
とか
「なに買って来ようかな~」
など、ゴニョゴニョと言いながら横目でこちらを見ている とぼけ

どうやら、まだ一人で買い物に行くのは寂しいらしい うしし

治療が終わったら一人で行くように言ってはあったが、もう少し暖かくなり、ピュ~っと自転車に乗れるようになるまで一緒に行かなればならないのかも知れない。

(共に闘う夫)


ご飯の友

今日もボチボチ、入院バックを片付けている。

入院中に使っていた お箸、スプーン、フォーク。

そして、お茶漬けの素 ひらめき

抗がん剤治療中は、ご飯が食べたくなくなる。

食べたいものを売店で買って食べたりもしたが、買いに行くのが面倒だったり、しんどい時にはお茶漬け。

このノーマルなお茶漬けが一番食べやすかった にこにこ


あれから一週間

病との闘いが終わりを告げたことを知らされたのは 2月19日のことです。

つまり、ちょうど一週間前ということで、つい先週のこと。

「何もかも、みな懐かしい」 (©松本零士『宇宙戦艦ヤマト』)

なんだか遠い昔のように感じます ふっ

いえ、そんなに前のことであるはずはありません 滝汗

でも、あれが一週間前のことだとは …

ちょっと時間感覚が狂っているようです クラクラ

(共に闘う夫)


今回の費用 - 面談・処方箋

内容 保険金額 保険外金額
初・再診料 700
処方箋料・その他 680
1380
患者負担額a(30%) 410
薬剤費用 1220
1220
患者負担額b(30%) 370
合計 780
総合計 780

09/11 に記載した通り、高額療養費制度に基づく所得別の費用を表記。

費用の累計金額
上位所得者:986184円
一般   :627474円
低所得者 :401440円


あれから半年

手術をしたのは 8月27日

それから半年が過ぎた。

たまたま昨日、「まだ、しっかり跡が残っているでしょ。」と夫にお腹の傷跡を見せたところだった。

「あ~、本当だ。もう、なかなか傷跡が消えにくい歳だからね。仕方ないね~。」

確かに、腕にも注射針の跡がいっぱい残っている。

当たっているだけに返す言葉がなかった ぶぅ~

見せて損した ぷいっ