明日は外来

明日は2ヶ月ぶりの外来だ。

外来も、治療中の入院も、いつも病院に行くのは木曜日だったので、少し違和感がある …

いつもと同じ高速バスに乗っていくが、これまでと違うバス停で下車しなければいけない。

グーグー寝ていたら、終点まで行ってしまうかも あははっ

気をつけよう きりっ!

そうそう、明日行く病院は初めてだと思っていたが、昔勤めていた場所が近かったので、行ったことがあるような気がする。

全く記憶にないんだけど 滝汗

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。

もうすぐ外来

もうすぐ2ヶ月に一度の外来だ。

今回から、先生は一緒だけど違う病院へ行くことになっている。

どんな病院だろう にこにこ

その後、入院中の子宮頸がんの患者仲間のところへ寄る予定でいるが、副作用が辛そうであれば遠慮しようと思っている。

さて、何を着て行こうか ?

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。

足が疲れた

今日は午前中から親戚の方が来て、お墓へ行ったり、うちの仏壇にお参りをしたり・・・。

一応、喪服を着て、出かける時にはヒールの黒い靴を履いて歩いたので、足が疲れた ガ~ン

ずっとスニーカーばかり履いていたので、ヒールを履くのは久しぶりだった。

今日は天気にも恵まれて良かった。

叔父、叔母も一安心していた。

私も一安心 うんうん

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。

水分多めに

夫は昨年末の健康診断でちょっと引っかかってしまい、定期的に通院をしている。

わずかに尿酸値が高くて、薬を処方されて飲んでいるが、なるべく沢山水分を摂るように言われている。

日中はお茶を飲んだりしていたが、今週の診察時にまだ水分が足りないと言われたらしい 滝汗

目標は、一日2リットル ガガ~ン

頑張って飲ませているが、私も一緒になって水分を摂っているので、2人してトイレへ行く回数が激増 ん~

水道代、上がるかも 蒼ざめ

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。

食事の量

妻も私も元気に過ごしている 鼻息

妻は病気をする前より元気に、そしてたくましくなったかもしれない。

「元気があればなんでもできる」(©アントニオ猪木)

二人で毎日元気にお腹を空かせてモリモリと食べているが、年齢的なことを考えてみたりすると、いつまでも
「美味しい、美味しい」
などと脳天気にパクパク食べていて良いのかと言う疑問が頭をもたげ …

数日前から晩御飯の米の量を減らすことにした。

物足りないかと少し心配したが、食べてみると問題なさそうだ。

ただし、私が減らされた量は 10グラムなのに対し、妻が 5グラムでしかない件について、この場を借りて問い詰めたい気分だ 疑

(共に闘う夫)

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。

ヘアマニキュア

髪が生えてきたら、くせ毛になっていたとか白髪が増えたという話しを聞いた。

私も、すごい くせ毛になって、びっくりした。

そして、前髪にも白髪がチラホラと目立ち気になったので、お隣の美容室でヘアマニキュアをしてきた。

抗がん剤の治療が終わって、一年くらいしたら髪を染めたりパーマをかけてもいいと聞いていたので、染める気満々で美容室へ行ったら、まだ染めるほどじゃないと言われて、ヘアマニキュアに変更。

カットもしてもらった。

長さは、ショートのまま。

この長さに慣れてしまうと、もう伸ばせない うんうん

↑ ちなみに今年の2月の時点での髪はこんな感じ。

クリックして大きくすると、白髪が見える 滝汗

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。

「子宮がん」という用語を廃止

ちょっと気になる記事を発見。

日本産科婦人科学会(吉村泰典理事長)は12日、「子宮頸(けい)がん」と「子宮体がん」を明確に区別するため、統計などで使われる「子宮がん」という用語を廃止するよう求める要望書を厚生労働省に提出すると発表した。
「40~50年前までは子宮体がんの患者はほとんどいなかったので、子宮頸がんを子宮がんとしても問題はなかったが、食生活の変化などで子宮体がんの患者が増え続け、混合が見過ごせなくなってきた。昨年、子宮頸がんのワクチンが承認されたが、死亡者数が正確に分からないと、効果も詳しく把握できない」と説明する。

つまり今後は、きちんと「子宮頸がん」「子宮体癌」と明記するように要望を出したということらしい。

私自身も、自治体の子宮頸がんの検査を受けて問題はなかったし、50歳以上はオプションで子宮体癌検査も出来るようになったらいいのにね。

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。

消えた爪の線

昔、多分10年以上前のことになるが誰からか、爪に黒い線が入っているのは、悪い病気の証のようなことを聞いた。

私は左足の小指の爪に、黒い線が入っていたので、「え~、私あります!」と言ったように思う。

「体に気を付けなさい。」と言われたような気もするが、はっきりと覚えていない。

入院中、裸足でいることが多かったので、その時点ではまだ爪に黒い線が入っていたのを覚えている。

そして今は、黒い線は無くなっている びっくり

もう悪い病気は体から消えたということなんだろうか ?

元々、医学的な根拠のある話しではないが、いいことなので信じておくことにしよう にこにこ

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。