時間感覚

先日までやっていた大相撲の中継をたまに見てたりしてたんですけど

子供の頃は、相撲の取り組みで立会い(試合開始)までの一連の流れ、四股を踏んだり塩を撒いたりするあの時間が長くて長くて

途中で見ているのに飽きてしまって他のことをしているうちに取り組みが終わっていたなどというのが常でした。

ジャネーの法則によると、現在56歳の私は10歳の頃より約6倍も時の経つのが早く感じていることになるので、今はそんな時間も長いとは感じなくなりましたけど。

そういうことを考えると、子供の頃って本当に時間が長く感じましたよね

親からはよく落ち着きがないとか、10分もジッとしていられないと叱られたものですが

それが約 6倍の 60分くらいに感じていたとするならば、その間ジッとしているなんて地獄です。

子どもたちに静かにしなさいと叱っても、3分か5分くらいが限界なのも仕方ないんじゃないでしょうか。

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。