手術の後

21:00 に消灯になるので病室を後にした。

妻はよく眠り、ときどき目覚めて少し話す。

少しずつではあるが、だんだん話のやりとりが成立するようになってきたので明日には普通の会話ができるだろう。

いや、傷が痛くて会話どころではないかもしれない 滝汗

(共に闘う夫の携帯電話)

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。

手術終了

15:00、妻が手術室から無事に帰還した にこにこ

可能性は高くないものの、いくつか存在したリスクを回避しての生還だ。

今はまだ麻酔が効いているので目を覚ましたり眠ったりしている。

とにかくよく頑張った !

(共に闘う夫の携帯電話)

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。

手術開始

とうとう妻の姿が手術室に消えた。

病魔との闘いは本人と医師の手にゆだねられた訳だ …

妻の兄夫婦、叔母も駆けつけてくれたが、ただひたすらに手術が無事に終わるのを祈りながら待つしかない。

今は時の流れが遅く感じる。

(共に闘う夫の携帯電話)

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。

いよいよ手術

今朝は起床前に看護師さんに起こされ、最後の浣腸 …

昨日から絶食なので、もう出るものもない。

麻酔科の先生から説明を受け、私は昼からの手術なので、9時までは水を飲んでもいいと言われた。

もう、すごくお腹が空いた。

手術は12時からだが、11時50分に看護師さんと手術室へ向う。

手術は、ストレッチャーに寝て看護師さんに運んでもらうと思っていたのだが、この病院の場合は自分で歩いて手術室へ向う。

勝手に思っていたイメージとは随分違うものだ。

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。

手術当日

ついに手術の日を迎えてしまった 滝汗

普段は寝つきの良い妻も昨夜は眠れなかったようだ。

麻酔科の医師が病室に来て様々な説明を受ける。

麻酔で副作用がでたり、後遺症が残る場合もあるという。

やはり様々なリスクがあるものだ。

手術開始予定は 12:00。

無事に終わってくれることを願う !

(共に闘う夫の携帯電話)

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。