費用


保険加入のススメ

いろいろありましたが、生命保険に加入してて良かったなと にこにこ

かなりの長期間かつ高額な医療費になりますので国(社保庁)の高額療養費制度を受けられますが、それでも保険金を得られるのは大きな精神的より所になります。

保険会社に関しては色々と言われていますが、やっぱり優劣というのが厳然と存在まして ん~

妻にすべてを一任しているので偉そうにはいえませんが、やはり良い保険を選び、良い担当者に付いてもらったほうが良いでしょう。

気が合い、仕事のできるしっかりした担当者にめぐり会うまで安易に契約しないことをお勧めします !

病院で携帯電話が使えるエリアに座っていると、日に何度も保険会社に電話し、もの凄い剣幕でまくし立てている人がいました びっくり

きっと連絡がつかなかったり保険の手続きがスムーズに進まなかったり、しまいには保険金が出るか出ないかで大もめにもめていものと思われます。

その点、我が家では数回の E-mail 送受信、一度の電話による直接会話だけで手続きはスムーズに進行しました にこー

誰しも入院してまでストレスを感じたり神経をすり減らしたり、もめ事を起こしたくなく、治療や療養に専念したいものですね。

そういう意味からも保険には加入すべきだと思いますし、しっかりした担当者を見つけるべきだと思います うんうん

(共に闘う夫)


早期発見のススメ

ここ数日、過去にさかのぼって妻の治療で必要だった費用をまとめていた。

結果、手術だけで済めばこれくらい、1クール(3回)で終わればこれくらい、2クール(6回)で終わればこれくらい。

人それぞれ副作用の症状も異なるので少々乱暴な計算になってしまうが、妻と同じようであった場合、1クール2クールまでの差額が
  317020円 ← 上位所得者
  200020円 ← 一般
  140620円 ← 低所得者
なので、これが 1クール(3回)の費用の目安であろうと思われる。

つまり、発見が遅れて更なる治療が必要になった場合、1クール追加になるたびに上記金額が加算されることになる訳だ。

経済的負担はもちろん、体力、精神力の他にも親、きょうだい、姉妹、息子、娘、さらには親戚を含めた家族が費やす労力や負担も考慮した場合、やはり早期発見に努めるべきだろう。

女性にとって、決して安易に受けられる検査ではない。

羞恥心、恐怖心、その他いろいろな感情がうずまくとともに、「自分に限って」 という妙であり根拠のない自信から、なかなか検査を受けることができないことも理解できる。

しかし、耳にタコができるほど聞かされている 『早期発見』。

すべての負担を軽減させる方法は、これ以外に有り得ない。

それが、この半年間に及ぶ闘病生活を見守って得られた教訓である。

(共に闘う夫)


今回の費用 - 面談・処方箋

内容 保険金額 保険外金額
初・再診料 700
処方箋料・その他 680
1380
患者負担額a(30%) 410
薬剤費用 1220
1220
患者負担額b(30%) 370
合計 780
総合計 780

09/11 に記載した通り、高額療養費制度に基づく所得別の費用を表記。

費用の累計金額
上位所得者:986184円
一般   :627474円
低所得者 :401440円


今回の費用 - PET検査

内容 保険金額 保険外金額
初・再診料 1400
検査料 110
画像診断料 75750
暖房料 70
77330
患者負担額a(30%) 23200
文書料 4720
4720
患者負担額b(30%)
合計 23200 4720
総合計 27920

09/11 に記載した通り、高額療養費制度に基づく所得別の費用を表記。

費用の累計金額
上位所得者:985404円
一般   :626694円
低所得者 :400660円


今回の費用 - 検査

内容 保険金額 保険外金額
初・再診料 700
検査料 1760
処方箋料・その他 70
2530
患者負担額a(30%) 760
薬剤費用
患者負担額b(30%)
合計 760
総合計 760

09/11 に記載した通り、高額療養費制度に基づく所得別の費用を表記。

費用の累計金額
上位所得者:957484円
一般   :598774円
低所得者 :372740円


今回の費用 - 化学療法6

09/11 に記載した通り、高額療養費制度に基づく所得別の費用を表記。

内容 保険金額 保険外金額
指導管理料 6500
投薬料 650
その他 420
暖房料 600
入院料 900
包括診療料 409830
418480 420
患者負担額a 上位所得者 83400
一般  44400
低所得者  24600
薬剤費用
食事料 2940
2940
患者負担額b(30%)
合計 上位所得者 83400
一般  44400
低所得者  24600
3360
総合計 上位所得者 86760
一般  47760
低所得者  27960

費用の累計金額

上位所得者:956724円
一般   :598014円
低所得者 :371980円


今回の費用 - 検査

内容 保険金額 保険外金額
初・再診料 700
検査料 110
810
患者負担額a(30%) 240
薬剤費用
患者負担額b(30%)
合計 240
総合計 240

09/11 に記載した通り、高額療養費制度に基づく所得別の費用を表記。

費用の累計金額
上位所得者:869964円
一般   :550254円
低所得者 :344020円


今回の費用 - 皮下注射

内容 保険金額 保険外金額
初・再診料 700
注射料 12460
13160
患者負担額a(30%) 3950
薬剤費用
患者負担額b(30%)
合計 3950
総合計 3950

09/11 に記載した通り、高額療養費制度に基づく所得別の費用を表記。

費用の累計金額
上位所得者:869724円
一般   :550014円
低所得者 :343780円


今回の費用 - CT検査

内容 保険金額 保険外金額
初・再診料 700
注射料 12460
検査料 110
画像診断料 33740
暖房料 70
47080
患者負担額a(30%) 14120
薬剤費用
患者負担額b(30%)
合計 14120
総合計 14120

09/11 に記載した通り、高額療養費制度に基づく所得別の費用を表記。

費用の累計金額
上位所得者:865774円
一般   :546064円
低所得者 :339830円


今回の費用 - 検査

内容 保険金額 保険外金額
初・再診料 700
検査料 160
860
患者負担額a(30%) 260
薬剤費用
患者負担額b(30%)
合計 260
総合計 260

09/11 に記載した通り、高額療養費制度に基づく所得別の費用を表記。

費用の累計金額
上位所得者:851654円
一般   :531944円
低所得者 :325710円